群馬大学大学院医学系研究科総合医療学

  • アクセス・お問合せ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

業績集

業績集2019

原著論文、著書

  • 抗凝固薬再開に難渋した大動脈弁置換術後重症外傷の1例
    三嶋 奏子, 村田 将人, 青木 誠, 神戸 将彦, 中島 潤, 澤田 悠輔, 一色 雄太, 市川 優美, 福島 一憲, 荒巻 裕斗, 小和瀬 桂子, 田村 遵一, 大嶋 清宏
    The Kitakanto Medical Journal (1343-2826)69巻3号 Page237-242,2019
  • Otaka Y, Goda F, Nakazato Y, Tsutsui T.
    Systemic heavy- and light-chain amyloidosis presenting nephrotic syndrome and congestive heart failure: a case presentation and literature review.
    Amyloid. 2019;sup1:95-96.
  • Sato K, Yamazaki Y, Kobayashi T, Takakusagi S, Horiguchi N, Kakizaki S, Andou M, Matsuda Y, Uraoka T, Ohnishi H, Okamoto H. 
    Sofosbuvir/Ribavirin therapy for patients experiencing failure of ombitasvir/paritaprevir/ritonavir + ribavirin therapy: Two cases report and review of literature.
    World J Clin Cases. 2019 May 6;7(9):1043-1052.
  • Otaka Y, Yukawa N, Yoshida Y, Tamura J, Tsutsui T.
    A folded-blister pill pack causes ileal perforation.
    Clin Case Rep. 2019 Sep 26;7(11):2254-2255.
  • Otaka Y, Nakazato Y, Tsutsui T, Tamura J.
    Cardiac involvement in heavy and light chain amyloidosis: A case report and literature review.
    Medicine (Baltimore). 2019 Nov;98(46):e17999.
  • Fukushima K, Kawai-Kowase K, Yonemoto Y, Fujiwara M, Sato H, Sato M, Kubota T, Ozono K, Tamura J.  
    Adult hypophosphatasia with compound heterozygous p.Phe327Leu missense and c.1559delT frameshift mutations in tissue-nonspecific alkaline phosphatase gene: a case report.
    J Med Case Rep. 2019 Apr 24;13(1):101
  • Harasawa T, Kawai-Kowase K, Tamura J, Nakamura M.   
    Accurate and Quick Predictor of Necrotizing Soft Tissue Infection: Usefulness of the LRINEC Score and NSTI Assessment Score.
    J Infect Chemother. 2019 Nov (Epub ahead of print)
  • Uehara D, Tojima H, Kakizaki S, Yamazaki Y, Horiguchi N, Takizawa D, Sato K, Yamada M, Uraoka T.
    Constitutive androstane receptor and pregnane X receptor cooperatively ameliorate DSS-induced colitis.
    Dig Liver Dis. 51:226-235,2019
  • Uehara D, Seki Y, Kakizaki S, Horiguchi N, Tojima H, Yamazaki Y, Sato K, Yamada M, Uraoka T, Kasama K.
    Long-term Results of Bariatric Surgery for Non-alcoholic Fatty Liver Disease/Non-alcoholic Steatohepatitis Treatment in Morbidly Obese Japanese Patients.
    Obes Surg. 29:1195-1201,2019
  • 金指桜子、小和瀬桂子、奥裕子、佐藤浩子、佐藤真人、金子尚子、大山良雄、田村遵一
    浮腫を主訴とした高齢者のビタミンB1欠乏症の一症例
    日本病院総合診療医学会雑誌 2019:15(1)12-17

学会発表

  • 大高行博、中島春乃、土屋洋平、須永悟、星綾子、溜井紀子、永野伸郎、筒井貴朗
    保存期慢性腎臓病における経口亜鉛補充療法は赤血球造血刺激因子製剤の必要量を減らす
    第49回日本腎臓学会東部学術大会(2019年10月4〜5日、東京)
  • 金指 桜子、小和瀬 桂子、奥 裕子、佐藤 浩子、堀口 昇男、佐藤真人、金子尚子、大山 良雄、田村 遵一
    血液検査及び画像検査で異常を指摘されなかった下腹部痛の3症例
    第19回日本病院総合診療医学会学術総会(佐賀市)2019年9月
  • 金指 桜子、小和瀬 桂子、奥 裕子、佐藤 浩子、堀口 昇男、大山 良雄、田村 遵一
    るいそうを契機に受診し、診断に苦慮した統合失調症による知的退行の1例
    第19回日本病院総合診療医学会学術総会(佐賀市)2019年9月

  • 伊藤大貴、田村耕成、前澤晃、佐藤真人、櫻谷昌孝、小和瀬桂子、田村遵一
    低カリウム血症によるミオパチーで発見されたシェーグレン症候群の1例
    第19回日本病院総合診療医学会学術総会(佐賀市)2019年9月

  • 大高行博、落合亮、中里洋一、田村遵一、筒井貴朗
    機能的片腎に対する左副腎腫瘍の伸展から腎後性腎不全を来した進行浸潤性乳管癌の1剖検例
    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 佐賀 2019年9月
  • 堀口昇男、柿崎 暁、浦岡俊夫
    ワークショップ アルコール性肝疾患:病態と治療の現状と今後の展望
    新規マウスアルコール性肝障害モデルの検討
    第55回 日本肝臓学会総会 東京 (英語発表)
  • 堀口昇男、柿崎 暁、植原大介、小林 剛、戸島洋貴、山崎勇一、佐藤 賢、浦岡俊夫     
    当院における肝臓病教室・患者サロンの現状
    第105回 日本消化器病学会総会 石川県/金沢  2019/5                        
  • 田村耕成、本城裕章、田村知子、櫻谷昌孝、前沢晃、佐藤真季子、小和瀬桂子、田村遵一
    亜鉛剤によりミエロパシーを来した胃切後患者                                             第684回日本内科学会関東地方会 2019年2月                                            
  • 田村耕成、櫻谷昌孝、佐藤真人、小和瀬桂子、佐藤浩子、田村遵一
    亜鉛剤によりミエロパシーを来した胃切後患者
    第18回日本病院総合診療医学会学術総会(沖縄)2019年2月
  • 大高行博、添野真嗣、安藤哲郎、大島喜八、田村遵一、筒井貴朗
    Renoprotective effect of weekly glucagon-like peptide 1 analogue in living kidney transplantation recipient
    第18回日本病院総合診療医学会学術総会(2019年2月15~16日、沖縄)

その他(研究会発表、学会座長、学内講演、地域・市民講座等)

研究会発表

  • 第7回 肝臓病治療フォーラム  (2019年4月5日 前橋)
    アルコール性肝障害の基礎と臨床 ー最近の話題ー
    堀口昇男
  • 第6回 群馬総合診療・総合内科フォーラム(2019年2月27日 高崎)
    一般演題②「あなたの塩分大丈夫?~低ナトリウム血症の鑑別」
    伊藤大貴

学内講演、地域・市民講座

  • 堀口昇男
    B型肝炎治療ガイドラインとB型肝炎ワクチンについて
    群馬ウイルス性肝炎診療研修会 (太田市)

群馬大学大学院医学系研究科 総合医療学

〒371-8511 群馬県前橋市昭和町三丁目39番地15号
TEL:027-220-7111(代表)

PAGE TOP