群馬大学大学院医学系研究科総合医療学

  • アクセス・お問合せ
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

医療従事者・医学生の方へ

後期臨床研修のご案内

総合診療部での後期臨床研修(シニアレジデント)をお考えの方へ

現在、後期臨床研修医(シニアレジデント)を募集中です。

後期臨床研修に関する質問等は、臨床研修センター c-center@ml.gunma-u.ac.jp まで、ご連絡ください。( メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にして送信してください。)

総合診療部では、特定の臓器や疾患に偏らずに患者さんのニーズに応じて診療する医師の育成を目指しています。診断においては、一般的な診療技術を用いた診断精度の向上を目指し、治療においてはエビデンスに基づいた治療を基本としています。それによって、利用可能な医療設備や紹介可能な専門科の少ない地域の診療所においても、質の高い医療を患者さんに提供することが可能になります。また、一次・二次・三次医療機関を受診しても診断がつかない患者さんは、受診すべき専門診療科が不明なため悩みを抱えたままになる現状が見受けられますが、これらの患者さんに対して、臓器別専門医と協力しながら診断・治療をおこなえる医師を育成することも総合診療の大切な機能です。
医師としてより多くの患者さんの悩みに正確に応えられるよう日々研鑽することに、医師としてのやりがいが感じられるはずです。
医学系研究科 社会環境医療学講座 総合医療学分野の大学院生となり、臨床研究を行いながら総合診療の研修をすることも可能です。なお、大学院の詳細については、研究内容のページを参照してください。

 群馬大学医学部附属病院総合診療研修プログラム(新・専門医プログラム)


  新・総合診療専門医研修の目標は、特定の臓器や疾患に偏らずに患者さんのニーズに応じて総合的に診療できる能力を修得することです。本プログラムにて研修することにより、1.包括的統合アプローチ、2.一般的な健康問題に対す る診療能力、3.患者中心の医療・ケア、4.連携重視のマネジメント、5.地域包括ケアを含む地 域志向アプローチ、6.公益に資する職業規範、7.多様な診療の場に対応する能力という総合診療専門医に欠かせない7つの資質・能力を効果的に修得することを目標としております。
 群馬大学医学部附属病院総合診療専門研修プログラムは、現在一次審査を通っております。プログラム詳細は、群馬大学医学部附属病院 臨床研修センターのホームページ (http://c-center.dept.showa.gunma-u.ac.jp/)をご参照ください。

具体的には、3年間の研修期間の中で、内科12か月、救急科3か月、小児科3か月、総合診療専門研修(診療所・中小病院における総合診療専門研修 I と、病院総合診療部門における総合診療専門研修 II):それぞれ6か月以上、合計で18か月以上の研修を予定しております。

連携病院

(1)総合診療専門研修

  協力病院:総合診療専門研修 I:前橋協立病院・前橋協立診療所・通町診療所・北毛病院・高崎中央病院・プラーナクリニック

       総合診療専門研修 II:国立病院機構高崎総合医療センター・博愛会第一病院・JCHO群馬中央病院・西吾妻福祉病院・

                 独立行政法人国立病院沼田病院・利根中央病院・原町赤十字病院

(2)必須領域別研修:内科、小児科、救急科の研修。(群馬大学附属病院)

(3)その他の領域別研修:研修目標の達成に必要な範囲で、産婦人科・精神科。皮膚科・和漢診療科の各科で研修。(群馬大学附属病院)


群馬大学医学部附属病院 総合診療部では、平成30年度シニアレジデントを以下のとおり募集します。

■平成30年度採用シニアレジデント募集

応募受付期間:平成29年8月5日(土)~10月31日(火)(予定)当日消印有効

試験日:平成29年11月13日(月)(予定)

詳細は、群馬大学医学部附属病院 臨床研修センター

     c-center@ml.gunma-u.ac.jp に、ご連絡ください。(※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にして送信してください。)


総合診療部後期臨床研修プログラム(新専門医プログラム以前に該当する医師)

1. 日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療後期研修プログラムVer2.0(群馬大学医学部附属病院家庭医療後期研修プログラム)

新専門医制度以前に初期研修を修了した医師のための総合診療医(家庭医)の取得を目指すコースです。特定の臓器や疾患に偏らずに患者さんのニーズに応じて総合的に診療できる能力を修得します。希望により、関連病院総合診療研修、関連診療所研修、へき地医療研修、内科・小児科・救急研修等を組み入れることが可能です。

具体的には、3年間の研修機関の中で、

(1)総合診療専門研修(診療所・中小病院における総合診療専門研修 I と、病院総合診療部門における総合診療専門研修 II):それぞれ6か月以上、合計で18か月以上の研修。

協力病院:総合診療専門研修 I:前橋協立病院・前橋協立診療所・通町診療所・北毛病院・高崎中央病院・プラーナクリニック

     総合診療専門研修 II:群馬大学附属病院・博愛会第一病院・JCHO群馬中央病院・西吾妻福祉病院・独立行政法人国立病院沼田病院・利根中央病院

(2)必須領域別研修として、内科6か月以上、小児科3か月以上、救急科3か月以上の研修。(群馬大学附属病院)

(3)その他の領域別研修では、研修目標の達成に必要な範囲で、産婦人科・精神科。皮膚科・和漢診療科の各科で研修。(群馬大学附属病院)

を、行います。


2. 病院総合診療医コース、または、総合診療医・臨床研究者コース

病院総合診療医の取得を目指すコースです。特定の臓器や疾患に偏らずに患者さんのニーズに応じて総合的に診療できる能力を修得します。当院を含め、複数の連携病院の総合診療科や総合内科にて研修を行います。希望により、診療所研修、へき地医療研修、救急研修を組み入れることが可能です。さらに、連携している大学の附属病院での研修を選択することができます。また、総合診療医・臨床研究者コースでは、後期専門研修を行いながら大学院へ入学し、臨床研究の計画、実施、評価について学び、医学博士の取得を目指します。いずれも日本総合診療医学会認定医、日本内科学会認定医、総合内科専門医などの取得が可能です。
詳しくは、臨床研修センター後期専門研修ホームページの研修プログラムのページをご覧ください。

3. 老年病専門医コース

老年病専門医の取得を目指すコースです。内科一般を中心に研修後、高齢者に特有な疾患、病態について研修します。また、複数の連携病院や、連携している大学の附属病院での研修を選択することができます。長期療養型病院では、実際に高齢者の診療にあたり、老年者の医療に関する問題点を整理します。臨床研究の計画、実施、評価について学び、医学博士の取得を目指すことも可能です。老年医学会認定老年病専門医、日本総合診療医学会認定医、日本内科学会認定医などの取得が可能です。
詳しくは、臨床研修センター後期専門研修ホームページの研修プログラムのページをご覧ください。

4. 漢方専門医コース

内科認定医を取得後に、漢方専門医の取得を目指すコースです。病院または診療所等で、西洋医学に東洋医学を取り入れた全人的医療を実践できる医師を育成します。日本東洋医学会漢方専門医の取得が可能です。

総合診療部で研修を受けた研修医による感想

当部で研修を受けた研修医の感想はこちらです。

群馬大学大学院医学系研究科 総合医療学

〒371-8511 群馬県前橋市昭和町三丁目39番地15号
TEL:027-220-7111(代表)

PAGE TOP